品質に係わるプラセンタ抽出法方

品質に係わるプラセンタ抽出方法

母の滴プラセンタEX抽出法

母の滴プラセンタEXは高品質低価格が売りですが、プラセンタエキスの抽出方法も品質の良さにに係わる大きな理由のひとつです。

 

プラセンタエキスの抽出方法は大きく分けて5種類ありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

加水分解法

加水分解法は強酸を使ってプラセンタの細胞膜を分解してエキスを抽出する方法ですが、強酸を使うことで多少プラセンタの有効成分も同時に分解されてしまうという欠点があります。

 

プラセンタ注射に使用されているメルスモンという製剤はこの方法でプラセンタエキスを抽出しています。

 

凍結融解法

胎盤を急速冷凍させ、それを急速解凍すると細胞膜が破壊されるということを利用した抽出方法で、プラセンタエキスを抽出するには非常に簡単な方法ですが、プラセンタの有効成分は熱に弱いので急速解凍する際にかなり破壊されてしまうため有効成分の抽出率が非常に悪く、最近はあまり利用されていないのが現状のようです。

 

酵素分解法

酵素というのは非常に多くの種類があり、それぞれの酵素にはある特定の物質だけを分解する作用があります。

 

この特性を応用してプラセンタエキスを抽出するのが酵素分解法で、低温状態のプラセンタを酵素を利用して分解することで熱による有効成分の破壊を極力最小限に留めることが可能になるため高品質なプラセンタエキスが抽出できます。

 

凍結酵素抽出法

凍結酵素抽出法は凍結融解法と酵素分解法のいいとこ取りした抽出方法で、プラセンタを凍結した状態で酵素を利用して分解・抽出していきます。

 

しかし、時間と費用がかかってしまうという欠点があります。

 

分子分画法

分子分画法はプラセンタ注射で使用されるラエンネックという製剤が採用している抽出方法で、プラセンタに含まれる有効成分だけを特殊なフィルターを使って取り出すことができ、有効成分を破壊することなくそのままの状態で抽出することができる非常に優れた抽出方法です。

 

母の滴プラセンタEXは?

母の滴プラセンタEXは酵素分解法を採用しています。

 

最高ではありませんが、比較的良質なプラセンタエキスを抽出することができコストとのバランスをとっています

 

最高をとればやはりそれなりに商品価格に跳ね返ってしまうのも仕方ないので、コストパフォーマンスを考えると妥当な選択に思えます。

 

プラセンタエキスを原末化する方法なども品質に大きく係わりがあるので、母の滴プラセンタEXはトータルバランスが非常に優れていると言えます。

 

 

母の滴プラセンタEXお試しについてはこちら